社長挨拶



激動の21世紀を迎え、アメリカをはじめ全世界市場を席巻していた日本製品群が、アジアの新興勢力に採って代わられ苦しい状況にあります。日本の産業の空洞化はもはや避けられない状況と言っていいでしょう。この様な中で時代の波にのまれることのない強い企業体を維持していくには、人的資源が重要と考えます。
自己に厳しく、人に信頼され、社会に貢献できる人間味ある人材を育成することを経営理念に一生懸命取り組んでいきます。

コメント

トラックバック